木造住宅がおすすめの理由と耐火性

木造一戸建ての住宅は、耐火性に関するメリットがあります。燃えやすいと思われている事もありますが、決してそうではありません。
確かに木材の場合は、鉄材よりは若干燃えやすいでしょう。それだけに鉄骨の住宅と比べると、火災リスクは高めだと思われている事もあります。
しかし木材は、実は熱伝導率は比較的低めなのです。火の手が上がれば木材も燃えますが、燃焼するのは若干時間がかかります。
しかも木材は、家の形も維持されやすい特性があるのです。そもそも火災が発生しても、木材の中心部分まで火が届くとは限りません。実際には中心まで届かない事も多く、家のフレームはそのまま残るケースも多々あります。
かえって鉄骨の住宅の方が、火災リスクは若干高めだと言われています。というのも鉄という材料の場合は、木材よりは熱伝導率が高めだからです。温度が高くなりやすいので、住宅の骨組みも柔らかくなりやすいだけに、家の原型が失われてしまう事も多々あります。
以上の点を考慮しますと、鉄骨よりは木造の一戸建ての方がおすすめです。