二重ガラスは本当にいい

新築にした時に、湿度を調節できる家がいいと思っていました。今の家はだいたい湿度をしっかり吸収して逃すことができるようになっているんですね。以前の家の場合は、湿気がそのまま部屋の中に滞り壁などがカビでいっぱいになることがありました。咳がひどくなるなどは、そのことが原因だったかkもしれません。そこで新築では、窓のことも真剣に考えることにしたのです。
まずなんといっても大事なのは、暖かい部屋にできる窓です。大きすぎるとやっぱり寒いので、適度な大きさの窓にしています。またその窓は二重ガラスにしています。そのことにより、水がガラスにへばりつくことが少なくなっています。その水もカビの原因となってしまうんですね。そのままにしていると、真っ黒になりぞっとしました。そのカビを吸いながら暮らすことになるんだと思ったのです。そして二重ガラスにすることにより、水がたまることがなくなりほっとしています。快適な部屋になっています。