住む人の気持ちと具体的なトラブルを考えられる設計事務所に出会えていたらよかったのに。

結婚してしばらくして、二世帯住宅で義両親と同居することになりました。
両親の住んでいる家の横の土地を買って、そこに建て増しするという形で、工事が始まりましたが、私(嫁)は、どのような住宅になるのか、具体的なイメージが全くつかない状態でした。
 設計事務所の担当の人は、両親とは話していましたが、私たち夫婦には全く説明なく進めてしまっていて、途中から、それでは不便だというようなことを伝えても、今さら変えられない、というようなことになってしまいました。
 結果、二世帯の分け方が上下(1階と2階)ではなく、縦割り、という感じになり、共有部(風呂や洗濯機など)の場所が、両親が私たち夫婦のスペースを通らないと遠回りになるなど、非常に使い勝手が悪い住宅になってしまいました。
 義母が近道に使い始めたのが、私たち夫婦の寝室で、朝まだベッドで寝ているにも関わらす、義母がどんどん入ってきて通っていく、という最悪の状態で、ストレス満載の状態になり、そのあたりのトラブルから離婚にまで発展してしまいました。
 もう少し、お互いのスペースが守れる二世帯住宅であれば、離婚に至らなかったかもしれないので、その時の設計事務所さんが、もう少し、住む人の立場や気持ち、便利さや動線などを考えて、アドバイスしてくれていたらと思うと残念です。