窓のひさしはあった方が良い

最近の一戸建ての家をみると、窓にひさしがないのを多く見かけるようになりました。
昔の家はすべての窓にひさしがあったように思います。

私が住んでいる一戸建ての家もひさしがある部分とない部分があります。
ひさしは雨除けの役割をしてくれるので、本当は会った方が良いと思います。

最近の一戸建ては長方形の家が多く、でこぼこ部分が少なくなったように思いました。
大屋根はありますが、小さな屋根やひさしが無いので全体的にスッキリして見えます。

しかし、住む人にとっては少し不便を感じるような気がします。
私は長年、車を運転していましたが、車の窓にもひさしのようなものが付いているものとそうでないものがあります。
それは後付けのようですが、やはりないと少し窓を開けても雨が入ってきてしまいます。

特に私は雪が降る地域に住んでいるので、雨だけではなく、雪よけのためにも、やはり家の窓にはひさしが必要だと改めて感じています。
住宅のコストを下げるには、こういうところを削るのかもしれないと思いました。