地味でも普通の戸建てがいちばん

今住んでいるのは、地方の平凡な団地です。家もほんとうに普通の戸建てで、とくにオシャレだったり凝ったり個性的だったりする部分はありません。
当所はそれが少し物足りないような気がしていましたが、今となっては戸建てであること、普通の間取りであることがとてもありがたいと感じています。
まず戸建てであることで、リフォームなどは自分たちの自由にすることができます。庭もブロックで囲まれた範囲なので木を植えるのも野菜を植えるのも常識の範囲内なら好きなようにできます。駐車場に屋根を付けたり洗濯場を改装したりも必要と思った時にすぐできました。
外回りは平凡ですが、外から見えない家の中は家族の好みを盛り込んでいろいろと手入れをしてきました。
まず浴室は父の好みで明るめのグリーンに統一しました。浴槽もグリーン、タイルもグリーン、本人はご満悦です。
台所は母の体格に合わせてキッチンカウンターを作ってもらい、天井と壁の色は白、床は明るめのクリーム色です。これも母のお気に入りで、毎日楽しそうです。
やっぱり戸建てでなくては、こうも勝手はできないと思います。最初は平凡な家でもいいのです。平凡だからこそ自分たちで好みに作り替えられるところが、戸建ての自由で楽しいところと思っています。

PR 住宅リフォーム総合情報 お家の見直ししま専科 貯蓄 生命保険の口コミ.COM 内職 アルバイト お小遣いNET マッサージのリアル口コミ.com 英語上達の秘訣 家計見直しクラブ クレジットカードの即日発行じゃけん